「烏イリ」タグの記事一覧

殺白、その後 (烏イリ)

暗殺教室

イリーナが残していったグラスに、自らのそれを軽く当てる。 「オレも好きだぞ、イリーナ。訓練を怠らないプロは特に好ましい」 スポーツプレーヤーでも、殺し屋でも、研究家でも、教師でも 自らの仕事に誇りを持ち、その技術を磨くことに余念のない人間は見ていて清々しい。 オレは気分良く、最後の一滴を飲み干した。

奢 - おごり -(烏イリ)

暗殺教室

  奢 - おごり -   「何故、お前がついてくる」 「いいじゃない。財布は出してやるって言ったの、カラスマでしょ?」 「オレが言ったのは生徒に対してだ」 「何ケチケチしたこと言ってるのよ。器の小さ・・・

カラス - ヴァローナ -(烏イリ)

暗殺教室

人に借りを作るのは得意。 だって、それをネタに距離を近付けるのが口説きの常套手段だから。 いくら隙のない人間相手だって、私のこの美貌とフェロモンは武器になる。 それこそ同性愛者とか偏愛主義者でもない限りね。

馴染 - なじみ -(烏イリ)

暗殺教室

小さい頃から勉強もスポーツも何故か人より抜きん出ていた。 防衛大学に進んだのは、大学に行きながら金が貰えるからだ。 それに、ずっと思っていた。 ぬるい、と。

ページの先頭へ