「はー、疲れた」 肩をコキコキと鳴らして荷物を背負いなおす。 「テンテン、修行が足りませんよ!」 リーがキラリと歯を光らせて、ビシッとポーズを決める。 疲れてる身体と心には、そのオーラはちょっと痛い。