たとえ、お前が死んでも(メリエリ)

 

ネタバレ含みます。アニメ派の方はご注意くださいませ。

 

 

 

 

 

 

「たとえ、お前が死んでも……
オレはお前との約束を果たす!」

 

ー たとえ、お前が死んでも ー

 

 

騎士のつとめがあるように、
王のつとめがあり、
王女のつとめがある……。

私は本当のリオネス国の王女ではありません。
でも私にとって、父は本当の父よりも本当の父で、立派な尊敬する人でした。

父のために、姉のために、
私を迎え入れてくれた国民のために
私は立派な王女になりたいと願いました。

だから、一人だって傷ついて欲しくない。
泣いて欲しくない。
でも、それは傲慢だと知りました。

 

「エリザベス、何してんだ?」
声に振り返ったら、メリオダス様が戸口の所に立っていました。
「あ、メリオダス様」
私は手にしていた雑巾を下ろしました。
「はい、皆さんがゆっくりくつろげるようにと、お掃除を……」
と、気付けば、メリオダス様はニヤニヤと頬を緩ませています。
「メリオダス様?」
「うん、今日もいい眺めだ」
「え?あ、きゃあ!!」
照明を磨こうとしていた私は、テーブルの上に椅子を重ねた上にいて、
それでスカートの中を慌てて隠そうとした為にバランスを崩して……。

「ほい、気をつけろよ?エリザベス」
私はメリオダス様の腕の中。
「あ、ありがとうございます。私ったら本当にドジで、すみません……」
お店の中のことを手伝おうと思ったのに、また失敗。

落ち込む私に、メリオダス様は優しく笑ってくださいました。
「怪我しちまったら、せっかくの綺麗な肌がもったいないだろ。
ま、包帯姿っていうのも、それはそれでそそるってヤツもいるけどな」
もみもみもみもみ……
「あ、あの……」
「うん、気にするな。お前のことは俺が守る」
「は、はい、あの……」
胸、触ってるんですけど……。
でも、言えない。

と、メリオダス様が周りを見回して笑顔を見せました。
「うん、なんか明るくなったな」
「え?」
「照明、拭いてくれたんだろ?」
そう言われてみると、確かに部屋が少し明るくなったような気がします。
「はい。私に出来ることって今はこれくらいしかなくて」
「うん。これならお客さんも気分が明るくなるだろうな」
「本当ですか?良かったです」
ホッとして雑巾を握りしめる。

さわさわさわ……
「あ、あの、メリオダス様?」
いつの間にか、今度はお尻を触っているメリオダス様。
そして、ぐっと親指を立てるとナイスポーズを見せました。
私は首を傾げます。
「エリザベスは出来ることをやってるよ」
「……そうでしょうか」
「ん、自信持てよ」
私を見上げて、二カッと笑ったメリオダス様。
私は答えずに、でも微笑み返しました。

自信を持つなんてそんなこと、自分の力不足を痛感している今はまだ出来ません。
でも、

『たとえ、お前が死んでも……
オレはお前との約束を果たす!』

メリオダス様にそう言われた時、心が震えました。

嬉しかったんです。
メリオダス様の言葉が。

私がした勝手なお願いは、
メリオダス様の中では、私との約束になっていて、
そして、それをとても大事にしてくれているんだって。

『人はいつか死ぬ。でも、その想いを誰かが守り続ける限り想いは死なねぇ。
想いを守ると決めたらどれだけ血を流そうと涙の一滴まで涸らそうと 貫き通す!!』

目の前のことで胸がいっぱいになって、周りが見えなくなっていた私に
本当に大事なことは何か、きちんと向き合うことの大切さを教えてくれました。

立ち上がれ。
守り抜け。
貫き通せ。

私、やっぱり王国を、人々を守りたいです。
そのために出来ることを精一杯やります。
たとえ、メリオダス様が今死んでも。

 

……でも

その想いと同時に、
声には出せない想いが心の奥底に確かにあることにも気付いてしまいました。

『あなたと一緒にいたい』

いつか、七つの大罪が揃って、
聖騎士を止めることが出来て、
お父様が、国が戻って、
想いが全て叶ったら……

その時、あなたはどこに行ってしまうの?

 

ー 終 ー

 

 

ひとこと

「たとえ、お前が死んでも……」
この時メリオダスは、彼なりの慰めの意味もあったんでしょうが、
多少の苛立ちというか、も感じていたんではないかなーと。
それはエリザベスに対する、というのもあるでしょうが、
エリーを守れなかった自分に対するとか、かな。(美化)

でも、その後メリオダスの中ではエリザベスへの考えが変わったんですよね?
この後は「この命に代えても」ですものね?
まさか、出生の秘密がわかった為守ることに……とか言わないよね。

全てが終わったら、二人はどうなるんでしょう?
『豚の帽子亭』で旅を続けるとか?

とりあえず、原作の今後はアーサー王絡みなっていくんでしょうね。
魔人もこれから!エレインもこれからよね!!バン〜!
まだ出てない人もいるし、エリザベスの生まれについても多分何かしらあるだろうし、
まだまだ楽しみが多いですね。
何より、ゴウセルが美味し過ぎる!!

 

178 人の方が「読んだよ!」してくれました。