ただ、好き。ただ、守る。(メリエリ)

 

思いっきりネタバレです。
今週の週刊マガジン「七つの大罪110話」を読んでない人は読まないでねん。

 

 

 

 

 

 

 

 

心が通じてると思った。
あなたもわたしを特別に想ってくれていると。

でも
『聞き違いじゃねーのか?』
さらりとかわされた。

 

ー ただ、好き。ただ、守る。 ー

 

「メリオダス様を見るだけでただ嬉しくなったり。
一人でいるとメリオダス様を思い浮かべたり。
メリオダス様と一緒だとどんな不安も消えるの」

一度口から出してしまった想いは止まらない。
コップの縁ぎりぎりでバランスを保っていた水が一気に溢れる。

「好き」

零れて、床を濡らし、
でもそれでもまだ溢れてくる。
もっともっと、たくさん湧いてくる。

わたし、甘えてた。

わたしとメリオダス様との間には何かがあると。
だから大丈夫だと。

『エリザベスはオレが守る!』

会いたい。
顔を見たい。
一緒にいたい。
声を耳にしたい。

わたしを見て欲しい。
わたしを愛して欲しい。

わたしを……

どこまでも際限のない想い。

でも、ほんとのほんとのほんとはどうしたい?

きっとほんとは何もいらない。
ただ、そこにいてくれるだけでいい。

あなたがいる。
それだけでいいのに。

それすらも許されないの?

 

 

「なぁ」
酒場の床を雑巾がけしていたホークがオレを振り仰いだ。
「んー?」
グラスを磨きながら返事をする。
「俺にはわかるぜ」
ブヒ、と一つ鼻を鳴らしてホークは得意げに机に飛び上がった。
「何がー? ……って言うか、机に乗るなよ」
気の無い返事。
ホークはブフゥと荒く鼻息を吹き、タタンと机を蹴る。

「次の旅は今まで以上に危ないものになるだろうからなっ! そんな危ない旅にエリザベスちゃんを連れて行けねーって話だろ?」

カチャン。

空気が揺れて、皿が倒れる。

「でもなぁ、俺に言わせたら、あれじゃあエリザベスちゃんがかわいそうだぜ? もう少し言い方ってもんがあるってゆーかさ」
ブヒブヒと苛立たしげに鼻が鳴る。

オレはグラスを食器棚に戻した。
小さく呟く。
「危ないからここにいろって? ふざけんなよ」
そう言った途端に何が起きると思ってるんだろうか。

「一言でもそんなこと言ってみろ。絶対付いて行くって言って聞かなくなるじゃねーか」
それどころか、もっと危ないことをしでかす。
それをわかっていて、何を言えると?
「馬鹿も休み休み言えよ」

ボスン。
弾力のあるかたまりが足にぶつかってくる。
「メリオダス……」
目を下げれば、黒い小さな目が揺れていた。

オレは口角を上げると、その鼻を小突き上げた。
「けっ、ブタに同情される程のことでもねーよ。それよりお前は残飯の心配がなくなって良かったな」
「ん?」
「バンがいなくなったからな。残飯がたくさん出るぞ」
「うひょー!」
とんとことんとこ、喜びで脚を踏み鳴らすホーク。
「俺は量を食えるなら、味についてはそんなに文句は言わねーぜ!」

その姿を見ながら、オレは手を見つめた。
「ん? どうした? メリオダス。怪我でもしたか?」
「いや、もう少し触っておくんだったなーって思ってさ」
「あ?」
「ここんとこ成長著しいからさ。少しでも離れたらまたサイズ変わってんだろうな」
言った途端に、ホークの蹄が飛んで来る。
「この罰当たりがー!!」

温かく、柔らかく、トクトクと規則正しい音を立てるソレ。
自分にとって、たった一つの光。

二度と、
二度とあの雨の出来事は繰り返さない。

オレは小さな窓から曇り空を見上げた。

『エリザベスはオレが守る。……この命にかえても』

この命で何とかなるならば、いくらでも戦ってやる。

 

ー 終 ー

 

 

ひとこと

うひょー。
110話は、本当はキンディア祭!! なんですが、
あまりに美味し過ぎて、すぐには書けなかった。
キングはしばらく帰って来ないんだろうなぁ。

 

186 人の方が「読んだよ!」してくれました。