NARUTO691話、おめでとう……だけど

NARUTO691話、本誌ネタバレですー。
コミックス派、アニメ派の方は見ないでね。
&好き勝手書いてますので、ツッコミはなしで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサギさん、いともあっさり封印されてしまいましたね。
冒頭、げんなりした顔のサクラちゃんが可愛いです。ナルトもフワフワ浮いてたけど、やっぱり人が浮いてるのを見るのは何だか気持ちが悪いよね。
それにしても、やっぱりサクラちゃんにはノースリーブが似合う。もう片方の袖もゼヒ!

今週は、バディ九喇嘛を見つけたナルトがウキウキとそちらに向かう姿を見つめるサクラちゃんが、お母さんというか何というか誇らしそうで嬉しそうで感無量です。口元がきゅっと上がってるのが超可愛い。

NARUTO691サクラちゃん

ここ数週間、サクラちゃんが素直に笑顔を見せているコマが多くて嬉しいですね。サクラちゃんは、ナルトもサスケもカカシ先生もいる七班の風景が本当に嬉しいんだなーと。

でも、サスケがいきなり戻ってきた後にサイにサスケのことを問われて見せた微妙な笑顔を思い出すと、心のどこかで何か予感はしてるとは思うのですが。(……いや、サクラちゃんはキャラとして、たまに意味不明なことをさせられるのでよくわかりませんが)

それはともかく、今回のこのシーンは一部の我愛羅戦の後の再現ですよね。
ナルトに微笑むサクラちゃんを睨むサスケっち。(が、そこに恋愛は絶対ないと言いきれちゃうのがねー……)
一部でその次に病院での対決になった通り、ここからナルトVSサスケの対決が始まるのでしょうかね。

naruto691サスケ

サスケの気持ちになると、ひねるのも分からなくもないなーとか思ったりする最近の私です。
そりゃあ嫌だし苛つくでしょうね。あんな素直に単純にご都合にこなしていく人間がすぐ横にいたら。
大体「同じ孤独を抱える者」(サスケは否定したけど)って言ってたけど、あのミナトパパとの感動の別れを見る限り、とっても「同じ孤独を抱える者」には見えないし……。

否定して拒否していたサクラちゃんに関しては、「とりあえず礼を言っておく」くらいの(無言だったけど)歩み寄りを見せたサスケっちでしたが、サクラちゃんがナルトを向いた今は、また拒否モードに入ったのではと思ったりしました。

ま、そこを何とかしてくれるのが聖人君子ナルトくんなんでしょうね。そして、大事な所が全く回収されていないように感じるサクラちゃんのフラグ回収をお願いしたいなーと。

さて、話はあちこち飛びますが、ミナトパパとナルトとの最期のお別れ。
今まで戦争中は気合い入れて大人っぽい顔つきだったナルトが、パパの前に出たら急に子供っぽい顔になったのがウマいですね。
つか、ナルトくん、クシナさんの言ってた台詞を順番違わず再現出来るなんて、すっごい記憶力いいよね。
「母さんみたいな女の子」で言いよどむナルトくんが可愛いかったです。
そうね、17になったばっかだものね。高校2年生?でも、昔ならもう結婚適齢期だから大丈夫!
……とか、最近脳みそが戦国時代になってる私です。

映画は12月ですが、このままテンポよく終わるのか、はたまた何か始まるのか。
終わって欲しいけど、まだ終わって欲しくもない。
映画、来年の夏くらいの方が良かったんじゃないのー?
……なんて思ったりしながら、とりあえず今週はこんな所で。

 
 

39 人の方が「読んだよ!」してくれました。